Re:社内SE(システムエンジニア)の日記のブログ

                             独立系Sierから社内SEに転職した40代SEのブログです。

おすすめクレジットカード完全ガイド【2018】あなたにとって最強の一枚の選び方とは
 

Googleアナリティクス データの保持と一般データ保護・・について

私自身が
Googleアナリティクスのメールに気付いたのが4月20日(金)のこと
実はそれ以前に「一般データ保護規則(GDPR)に関する重要なお知らせ」のメールは3回も受信していた。


全部で4回受信していたことになる。
なぜ、気付かなかったというとそのうち2回は英語だったから。


 

1回目は3月23日 英文

f:id:familyfishing:20180422103042j:plain



2回目は4月12日 英文

f:id:familyfishing:20180422103049j:plain





3回目は4月18日 日本語

f:id:familyfishing:20180422103046j:plain



4回目は4月20日 日本語

f:id:familyfishing:20180422103053j:plain



4回目のメールのタイトルには[ご対応ください]である。


あのGoogle様がご対応くださいということだから、きっと対応した方が良いのだろう。


日本語の文章を読み解くと
過去のデータ保存期間を設けることになる

Google様のいう対応してくださいを無視すると過去データが消えてしまうということである

 


ということで、ここでは
データ保持の保存期間を「無期限」に変更する手順です。

Google Analyticsにログインすると、ちゃんと上のバーのところにお知らせが表示されている。
「先日導入された新しいデータ保持の設定により、2018年5月23日からのデータが影響を受ける可能性があります。設定をご確認のうえ、必要な変更を加えてください。詳細」

f:id:familyfishing:20180422105749j:plain



さて、手順です。


Googleアナリティクスにログインします。

左のメニューより「管理」をクリックします。

f:id:familyfishing:20180422105746j:plain


次に「トラッキング情報」をクリックして、さらに「データ保持」をクリックします。

f:id:familyfishing:20180422105743j:plain



ユーザーデータとイベントデータの保持の期間が選択できますのでここで自分自身が設定したい期間を選択します。
最後に「保存」をクリックして完了です。
f:id:familyfishing:20180422105739j:plain

 

 

他のSEの方も独自の視点や技術情報を公開されています。
また、システム構築、業務改善、office365の活用事例もご紹介されているサイトもあrますので皆さんも参考にされてはいかがでしょうか↓

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村