Re:社内SE(システムエンジニア)の日記のブログ

                             独立系Sierから社内SEに転職した40代SEのブログです。

 

勝手にWindows10のバージョン20H2への更新がはじまった。


おぬしも悪よのう~

NTTドコモとKDDI(au)が解約時の手続きするページについて、googleなどの検索エンジンにヒットしないように「noindex」を設定したそうです。

 

news.yahoo.co.jp

 

解約が難解なWEBサービスランキング」なんて、あったら楽しそう。


とりあえず、登録や申し込みをする際は解約手順を確認してから
した方が良さそうですね。


さて、本題

 

 

会社で使っているメインPCがメジャーアップデートの催促をしてくるようになって困っています


現在のバージョンが2004なので2020年の9月だか10月だかの最新バージョンへのアップデートようです。

Windows10_20H2への再起動を求められる





 

もうすでにダウンロードして、再起動さえすれば完了するところまで来ているようです。

Windows Updateの画面に行くと、
そこには「再起動が必要です」

Windows10 バージョン 20H2の機能更新プログラムとある

どうやら、2004の次は20H2のようである。2010では無くて20H2なのか。。
ロケットでも発射する気か(笑)


[ 目次 ]

 

 

 

f:id:familyfishing:20150219222546g:plain 更新の延期をする



 


とりあえず、気持ち悪いので
更新を4月2日まで延期しておいた。
4月1日だと嘘つかれそうだったからだ。

Windows10のメジャーアップデートの更新を延期する




ふと、別のパソコンのバージョンを確認したら
なんと!!

C#の開発用のパソコンは
すでに20H2に更新されていました


いつの間にかWindows10の20H2に更新されていた




ということは現在、私の所有しているPCは
3世代のバージョンが存在していることになる。
1909
2004
20H2

障害切り分けには最適じゃないか

 

 

f:id:familyfishing:20150219222546g:plain 2004から20H2へ更新する

 


万が一20H2への更新を希望する方は
「設定」から更新とセキュリティへ行き、更新プログラムの確認をするとメジャーバージョンアップの20H2のダウンロードがはじまるはずだ。


もし、開始しない場合は手動で行う手もある。


Assistantを利用する手である。

こちらのページよりできる。

www.microsoft.com


https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10


なるほど20H2の正式名称は
Windows10 October 2020 Update」だそうだ。


先ほど書いたようにC#の開発用のPCはすでに20H2に更新されたいた。
メモリは4GBしか積んでいない。

確かに遅いが、まだヤレる範囲である。

 

今回の20H2へのアップデート
大きな変更点はないようだ。


まっ、今までも変更点を感じたことはないのだが(笑)

 


私のPC3台とも、大きな障害がなく動作している。


1件だけ、再起動したらPCが自動修復を繰り返して起動しないという事案があった。
その時は解決手順はこちら

1、完全にシャットダウンする
2、5分経過
3、すべての周辺機器を外す
4、バッテリーパックを外し放電する(電源ボタンを空押し)
5、3分経過
6、周辺機器を接続せずにパソコンのみ起動する。
  正常起動。ここで大切なデータはバックアップ。
7、シャットダウン
8、周辺機器を接続する
9、起動 ⇒ 正常起動

という過去事例があった。


周辺機器だけの可能性もあるが、一応シェアしておきます。

 

 

他のSEの方も独自の視点や技術情報を公開されています。
また、システム構築、業務改善、office365の活用事例もご紹介されているサイトもありますので皆さんも参考にされてはいかがでしょうか↓

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村