Re:社内SE(システムエンジニア)の日記のブログ

                             独立系Sierから社内SEに転職した40代SEのブログです。

 

iphoneで撮影した写真のフォーマットがHEICの拡張子になっている。

 

この問い合わせは、最近iphoneに買い替えたユーザーからの問い合わせです。

 

f:id:familyfishing:20150220194802g:plain iphoneで写真を撮影して、パソコンにうつして開こうとしたら、拡張子がheicになっていて開くアプリケーションが見つかりません。

画像ファイルの拡張子がheicとは



 

f:id:familyfishing:20150220194802g:plain iphoneで写真を撮影したときに、QRコードも判別して撮影したい。


この2点です。

[ 目次 ]

 

 

f:id:familyfishing:20150219222546g:plain 拡張子が.jpgになるように設定

 

 

 


1.iphoneの設定より「カメラ」を選択します。

iphoneの設定よりカメラ




2.次に「フォーマット」を選択します。


iphoneの設定よりカメラ-フォーマット



3.「互換性優先」にチェックを入れる。

iphoneの設定よりカメラ-フォーマット-高効率優先





これだけです。



備考欄にはこのように書かれています。
「ファイルサイズを減らすため、写真とビデオを高効率のHEIF/HEVCフォーマットで撮影/録画します。”互換性優先”は常にJPEG/H.264を使用しますが、4K/60 fpsおよび1080p/240fpsを使用するには””高効率が必要です。」


撮影してみて、USB、またはicloude、googleフォト経由でパソコンにもってきてみてください。

.jpgになっているはずです。

 

 

f:id:familyfishing:20150219222546g:plain QRコードを読み取り可に設定を変更



 

 

 

1.設定より「カメラ」を選択します。


2.「QRコードをスキャン」を有効にします。
  緑色になっていれば、有効を表していますよ。


iphoneでQRコードの読み取りを可能とする



 

 

 

他のSEの方も独自の視点や技術情報を公開されています。
また、システム構築、業務改善、office365の活用事例もご紹介されているサイトもありますので皆さんも参考にされてはいかがでしょうか↓

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村