Re:40代のSE(システムエンジニア)の日記のブログ

                             独立系Sierから社内SEに転職した40代SEのブログです。

f:id:familyfishing:20170813170004p:plain
 

拡張子.fwaのファイルを開き、住所録を確認したい。

年賀状の季節ですね。


筆まめのファイルと思われる拡張子.fwaのファイルのみ存在する。
しかし、筆まめは前のパソコンにインストールしたままであったため
現在のパソコンにはインストールされていないし、
元のCD-ROM自体がないのでインストールできない。

 

筆まめVer.27 通常版

筆まめVer.27 通常版

 

 



しかし、住所録だけはなんとか取り出したい!!!

Yahoo知恵袋でも同じような質問がありました↓

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp



f:id:familyfishing:20150219222546g:plain 解決方法


拡張子.fwaは筆まめ専用の拡張子なので筆まめで対応する。

体験版(無料)であれば、
住所録を開いて、その後、xmlやoutlookアドレス帳、
そして、CSV形式で保存が可能である。

手順です!!



 


1、amazonより筆まめVer.27 体験版をダウンロードしてインストールする。
  無料です!!!

 

筆まめVer.27 体験版 [ダウンロード]

筆まめVer.27 体験版 [ダウンロード]

 

 

 2、インストールする。

 

  完了するとスタートメニューにアイコンが表示されます。
  

f:id:familyfishing:20161122153415j:plain → ダウンロードしたインストーラー。

 

3、筆まめVer.27フリーを起動する。

f:id:familyfishing:20161122153414j:plain

 

4、「保存した住所録を開く」を選択する

f:id:familyfishing:20161122153413j:plain



5、拡張子.fwaの筆まめのファイルを選択して、開くを実行する。

f:id:familyfishing:20161122153412j:plain


6、[ファイル]メニューより、「他の住所録形式で保存」をクリックします。

f:id:familyfishing:20161122153411j:plain





7、変換する形式を選択します。
  ファイルの種別を選択します。ここではCSV形式で保存したいので
  区切り文字形式ファイル(*.csv、*.txt)を選択します。

f:id:familyfishing:20161122153410j:plain


8、保存するファイル名を付けて、パラメータをセットします。
  ここはデフォルトでそのまま[次へ]をクリックします。

f:id:familyfishing:20161122153409j:plain

9、項目を割り付けます。
  ここもそのまま[次へ]をクリックします。

f:id:familyfishing:20161122153408j:plain


10、保存対象カードを選択します。
   すべてのカードを保存したいので、変更せずにすべてのカードのまま
   [開始]をクリックします。
f:id:familyfishing:20161122153407j:plain


11、保存が終了しましたとメッセージが表示されれば、完了です。

f:id:familyfishing:20161122153406j:plain


他のSEの方も独自の視点や技術情報を公開されています。
また、システム構築、業務改善、office365の活用事例もご紹介されているサイトもあrますので皆さんも参考にされてはいかがでしょうか↓

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村