Re:社内SE(システムエンジニア)の日記のブログ

                             独立系Sierから社内SEに転職した40代SEのブログです。

 

Excelやoutlookを起動すると「ライセンスが見つかりません」「ライセンス認証されていないため」と表示される。

 

朝一番のヘルプデスク対応です。

outlookやExcel2019などのofficeのアプリを起動しようとすると、ライセンス認証がされていない旨の画面表示がされるとのこと。

[ 目次 ]

 




現象



 

 

 


Excelを起動すると・・
「このアプリケーションのライセンスが見つかりません。修復は失敗したか、中止されました。Microsoft Officeを終了します。」

officeを起動するとライセンス認証が無効




outlookを起動すると・・
「製品に関するお知らせ Wordはライセンス認証されていないため、ほとんどの機能が無効になっています。」

office製品に関するお知らせ





こういったメッセージが表示された場合、大概ライセンス認証のダイアログが表示されて、プロダクトキーを入力するとOKなのですが、その画面が表示されません。


ユーザー曰く、ネット経由でofficeの修復を実行したが、変わらないとのことでした。


 

officeの不具合の解決手順

 

 

 

 

ネット上でググってみると、セーフモードとかアドイン無効とかありますけど、とりあえず次の手順をお試しください。


officeやWindows10で不具合が発生した場合、なるべく軽い対処方法から順番に行っていった方がよいですね。


1.[SHIFT]を押しながら再起動。
  再起動後、企業ロゴが表示されるまでSHIFTは押し続けます。
  次にブルースクリーン画面が表示されるので一番左上のWindows10をそのまま続行するを選択します。
  
  通常起動してくるので、ExcelやPowerpointなどのoffice製品が通常起動(ライセンス認証された状態)するか確認します。
  今回のケースでは、こちらで解決しました。


2.つづいて1で解消されなかったら、officeの修復機能を実行します。
  簡易修復で直った記憶は、ほぼ無いので修復を行います。
  この時、修復が完了したら、プロダクトキーの入力を求められる場合があるので手元に用意しておきます。



3.2でダメだったら、officeの更新を行う。



4.システムの復元を行う
  過去、コレで直ったことは無い

 

 



5.WindowsUpdateを行う
  過去、コレで直ったことは無い



6.officeの再インストール
  最後の手段です。1~5で直らなかった場合、大概コレで回復します。

  outlookを使用している場合、ローカルデータは一応エクスポートしておきましょう。

 

 


他のSEの方も独自の視点や技術情報を公開されています。
また、システム構築、業務改善、office365の活用事例もご紹介されているサイトもあrますので皆さんも参考にされてはいかがでしょうか↓

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村