Re:社内SE(システムエンジニア)の日記のブログ

                             独立系Sierから社内SEに転職した40代SEのブログです。

おすすめクレジットカード完全ガイド【2018】あなたにとって最強の一枚の選び方とは
 

Oracle Java SE ロードマップに関する重要な情報の表示について

java seの更新のポップアップが表示された。

「Oracle Java SE ロードマップに関する重要な情報」


OracleからJava SEの将来のリリースへのアクセスに影響する変更が到着しています。

 

企業のユーザーは2019年1月になるとすぐに影響を受けます。


こちらの変更は、インストールしようとしているバージョンには影響ありません。
詳細は、下のリンクに従ってください。

 

Oracle Java SE サポート・ロードマップ

 

 

f:id:familyfishing:20180803151550j:plain




アメリカのオラクル(Oracle)は、Java Platform,Standard Edition(Java SE)について商用向けを提供するのは2019年1月までと公式に発表している。

そうするに商用を使い続けるには、有償サポートが必要になることを指している。


この影響は大きい

例えば、電子入札システム
電子入札コアシステムはセキュリティポリシーによって使えなくなる。

 

 

また、JREを使っているのは上記だけに限らず、e-GOVやGEPSなどもある。
(なんか、ほかの人のPCのサポートしたときに見たころある~)


オラクルは過去にサポート期限を延長した経緯があり、今回も楽観視しているユーザーも多いが果たしてどうなるのだろう。

 


参考URL↓

codezine.jp

 

Java SE Subscriptionの料金体系↓

Oracle、Java SEに月額料金制の新ライセンスを提供 - CIOニュース:CIO Magazine

 

 

 

他のSEの方も独自の視点や技術情報を公開されています。
また、システム構築、業務改善、office365の活用事例もご紹介されているサイトもあrますので皆さんも参考にされてはいかがでしょうか↓

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村