読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:40代のSE(システムエンジニア)の日記のブログ

独立系Sierから社内SEに転職した40代SEのブログです。

2015年7月29日(水)にせまったWindows10、いったい何が変わるのか。

windows SEの仕事

2015年7月29日(水)にせまったWindows10、いったい何が変わるのか。

この前、Windows8が発売されたと思っていたら、
それから、3年も経っているの?と気付かされる、新OSの発売。

信長の野望や三国志シリーズもビックリだよ。

f:id:familyfishing:20150219222546g:plain Windows10での主な変更点


今度はどこが変わったのと。
日経BPの記事では、
大きく4つの変わった点があると書いてある。

・既存OSからの無償アップグレード
 なおかつ、海賊版までサポート(南西方向の国に配慮してか。)
・PC以外のデバイスにも統一したOSを提供、アプリも統合。
 →何だか、良く分からん。
IoT(モノのインターネット)分野への積極的進出。
 →これも、何だか、良く分からん。
  IoTは国策ということくらいは知っている、
  だから私は3776:ブロードバンドタワーの株を買ったんだ。
音声アシスタントなど新技術の搭載や新Webブラウザーの採用。
 →音声アシスタント?ふ~むぅ、スピードが落ちるんじゃない!?
  新ブラウザー!今動いているWebシステムへの影響度は。
という具合に、何かとシステムを管理する側は
新しいOSやブラウザが発表、発売されると、あー面倒だなと思ってしまう。


.netFrameworkなんか、Webシステムを使用していると気付かないうちに
便利になっているとは、気付かされるんだけど、
一方では会社の業務アプリや基幹システムではいまだに
WindowsXPでも十分じゃねみたいな感覚があるのも事実。

 

新Webブラウザーの採用といっても互換モードもきちんと
用意してくれているのだろうと思って、さらに読み進めてみた。


改めて、
1、無償アップグレード
WindowsOSというものを商売からサービスへの転換を図ろうとする本気度が見える。

2、PC以外のデバイスにも統一したOSを提供、アプリも統合
PCやスマートフォン、タブレット端末も同一のOS、すばらしい。これも納得。
これはいままでWindows Phoneで開発したことがないから言える意見かも知れません。

3、IoT(モノのインターネット)分野への積極的進出。
IoT(Internet of Things)についてへの進出ということで記事を読んだが、
自身の理解力が足りないのかぼわ~んとしている印象。

4、音声アシスタントなど新技術の搭載や新Webブラウザーの採用。
音声アシスタントは時間をとられるだけで不要かなという印象。
顔や指紋認証によるログオンとも書かれているけど、コレ必要か。
パスワードで良いのでは。その人が亡くなったらどうするんだよ。

(Windows7でもパスワードが分からなくなっても管理者でログオンできる方法が
あるくらいだから、こういった認証セキュリティは個人用PCでは意味がないと思う。)


新ブウラザー、エッジについての詳細は書かれていない。
エッジでシステムが動かなくても、Chromeでやればいいけど。
えっいまだにIEのみの対応のWEBシステムがあるんですか><
長くなったので、ここまで。


Windows10については、またすぐにでも記事を書こうと思います。

その「Windows 10」へのアップグレード、ちょっと待った!!



とても役に立ったと思った方はポチッとクリックをお願いします↓

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村